見た目も咬み心地も本物の歯に近いインプラント

歯を失った場合の治療としてもっとも一般的な治療は入れ歯ですが、現在はインプラント治療を選ぶ方も増えてきました。インプラント治療は、あごの骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。人工歯根によって強固に固定できるため、本物にちかい咀嚼力まで回復します。また、人工歯は自然な質感・見た目のセラミックでできているため本物の歯と遜色のない仕上がりになります。

インプラントとその他治療の比較

  インプラント 入れ歯(保険適用) ブリッジ
比較
メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感ない
  • 硬いものでもしっかり咬める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 簡単な治療で済む
  • 治療費が安く済む
  • 見た目がいい
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 維持するためには、口腔衛生をきちんと管理し定期検診を受ける必要がある
  • 見た目がよくない
  • しっかり咬むことができない
  • 違和感がある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなってくることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな力がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラント治療の流れ

【1】カウンセリング
はじめにカウンセリングを行い、患者さんのお悩みやご要望をじっくり伺います。疑問や不安な点などがありましたら、何でもご相談ください。

【2】検査・治療計画
インプラント治療に必要な検査を行います。検査結果を基に、一人ひとりに適した治療計画を立てていきます。むし歯や歯周病などがある場合には、先にそちらの治療を行います。

【3】手術(1回目)
インプラント治療の開始です。はじめに、歯ぐきを開いて人工歯根を埋め込む手術を行います。埋め込んだ後は歯ぐきを縫合します。

【4】治癒期間
人工歯根があごの骨と結合し、傷口が治るまで治癒期間を設けます。

【5】手術(2回目)
人工歯根とあごの骨が結合し、傷口が治癒したら、再び歯ぐきを開いて、人工歯根にアバットメント(人工歯との連結台)を装着し、歯ぐきを縫合します。

【6】治癒期間
傷口が治癒するまで、期間をおきます。

【7】人工歯の装着
傷口が治癒したのを確認し、アバットメントに人工歯を装着します。これで治療は完了です。

【8】定期検診・メインテナンス
治療後は、定期的にご来院いただきメインテナンスを行っていきます。インプラントはメインテナンス次第で、長期間にわたって使い続けることができますので、定期検診には欠かさずお越しください。

インプラントQ&A

歯周病がひどくてインプラントを断られたのですが、相談に乗ってもらえますか?

はい、もちろんです。当院の院長は歯周病専門医。これまでに数多くの治療を行ってきました。他院で断られた方もあきらめずに一度ご相談ください。

治療期間はどのくらいですか?

一般的には、上あごの場合で約5~7ヶ月、下あごの場合で約3~5ヶ月かかります。ただし、再生療法などを行う場合は、さらに6~9ヶ月必要になることがあります。

インプラント治療は痛くないですか?

麻酔をしてから手術をするため、痛みはほとんどありません。手術後、麻酔が切れてから1~2日は痛みや腫れが出ることがありますが、すぐに治まるのでご安心ください。

手術のときは入院が必要ですか?

手術といっても、その日のうちに終わるものです。入院の必要はありません。ご安心ください。

歯周病治療後のインプラントは専門医にお任せください

重度の歯周病になると、治療のために歯を抜くことがあります。その際には、インプラント治療をおすすめしています。

ページの先頭へ戻る